パイナップル豆乳ローションと豆乳ローションの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豆乳ローションにパイナップルを加えた「パイナップル豆乳ローション」の効果がスゴイと口コミで大人気になっています。でもなぜパイナップルを豆乳に+する必要があったのでしょうか?違いをご紹介します。

普通のパイナップルローションとパイナップル豆乳ローションの違いについて

そもそも豆乳ローションの特徴とは?

豆乳ローションには抑毛作用があると言われています。これは、大豆に含まれる「イソフラボン」が女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをするためです。エストロゲンは美髪・美肌・女性らしいグラマラスなボディを作るに欠かせないホルモンです。

ですが、現代人はストレスが多い上に、食生活・生活習慣も乱れがちです。すると、ホルモンバランスが崩れてしまい、エストロゲンの量よりも、男性ホルモン分泌量が増えてしまうことがあります。

男性ホルモンの影響を受けて毛母細胞が活性化して、毛深くなってしまうんです。豆乳でエストロゲンを補助してあげることで、毛母細胞の働きを妨げる抑毛効果が期待できます。

パイナップルを+することのメリット

豆乳の働きをさらに促進させるために、+されたのが「パイナップル」です。パイナップルをお肉と一緒に付け置いておくと、お肉が柔らかくなりますよね。生のパイナップルを食べると、舌がしびれるようなこともあります。

これは、パイナップルに含まれる「たんぱく質分解酵素」が舌やお肉などのたんぱく質を分解してしまうからです。体毛ももちろん、たんぱく質でできていますから、継続して使用することで体毛を薄くする効果が見込めるという訳です。

パイナップルは数あるフルーツの中でも、多くのフルーツ酸(たんぱく質分解酵素)を含んでいるため、抑毛効果の見込める豆乳と相性がとても良いんです。こうして、話題騒然の「パイナップル豆乳ローション」が誕生しました。

パイナップル豆乳ローションを一押ししたい理由

鈴木ハーブのパイナップル豆乳ローションでは、エタノール×黒ごま由来の「コスモペリン」で有効成分をお肌の奥(角質層)まで届ける工夫をしています。豆乳やパイナップルを始めとした抑毛成分とともに、ザクロエキスやマンダリンオレンジ果実エキスなどの美肌成分が無駄なく届いてくれるんですね。

だから、「毛が薄くなった・生えてくるサイクルが遅くなった、毛質がやわらかくなった」といった抑毛効果を感じると同時に、お肌の状態が整うことで黒ずみ解消効果を感じるユーザーも多いんですね。

こうした、効率的な抑毛メカニズムを考えれば、豆乳ローションonlyよりも、豆乳ローションの効果を高める、最強のコンビ!パイナップル豆乳ローションが断然オススメです。

まとめ

パイナップル豆乳ローションは、豆乳との相乗効果狙った抑毛ローションです。より高い効果を期待したい方はぜひ、お試しください。

なお、パイナップル豆乳ローションの高い人気から、鈴木ハーブのパイナップル豆乳ローションに似た品も登場しています。公式ホームページか直営のネットショップでしか購入できないので、気を付けてくださいね。豆乳ローションだけの使用からパイナップル豆乳ローションに乗り換えて、より嬉しい抑毛効果を実感してみて下さい。

効果には個人差がありますので、ご了承下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。